スマホユーザー必見!元携帯ショップ店員がお勧めする【通話料金を無料にする方法】

携帯代

【通話料金を無料にする方法①】楽天モバイルを利用しよう


月々の通話料金が高い
通話料金を抑えたい

とお悩みではありませんか?


家族、友人間であれば「LINE」の通話サービスを利用して、通話料金を節約している方は多いと思います。
しかし、会社への連絡や固定電話への連絡をする事もありますよね?


通話料金って最低の料金プランだと30秒で20円程度発生しています。
10分話すだけで約400円も料金が取られてしまうんです。


私も以前までは通話料金を抑える事に悩んでいました。

通話はほとんど利用しないのですが、たまに運送業者への再配達時の連絡や、サービスの問い合わせ等にどうしても通話料金が発生していました。

今になって思うとせっかく安い料金プランに抑えているのに、無駄なところにお金をかけるのは馬鹿馬鹿しいですね。


しかし、楽天モバイルを利用するとそんな通話料金を無料にできちゃうんです!

なぜかというと楽天モバイルを契約すると「Rakuten Link」というアプリを使用できるのですが、
このアプリを経由して電話をすると通話量が無料になります。

相手が国内であれば、どれだけ通話しても無料です!


LINEの通話はアカウントを持っている人同士でしか通話できませんが、「Rakuten Link」は電話番号で通話ができます。簡単にいうと携帯電話に備わっている通話機能のアプリ版といった感じですね。
さらにLINEと異なり、通話時に発生する通信量はカウントされません


※「Rakuten Link」経由で通話をしない場合は、有料です。
※(0180)(0570)などから始まる他社接続サービス、一部特番(188)への通話については、無料通話の対象外となります。



さて、肝心の基本料金は下記のようになっています。


<通信料>     <価格>
1GBまで/月    0円(税別) 
・3GBまで/月   980円(税別)
・20GBまで/月  1980円(税別)
無制限/月  2980円(税別)


使用した通信料に応じて金額が変わり、1GBまでならなんと無料です!
たくさん動画を観たりする方やゲームをする方でも、どれだけ利用しても2980円を超える事はありません。

しかも今なら3ヵ月無料で利用できます。

それだけではありません!
なんとスマホとまとめて購入すると最大25000円分の楽天ポイントが貰えます!

今は残念ながら品切れですぐに購入できませんが、「Rakuten Hand」という楽天オリジナルのスマートフォンがお勧めです。(※私もこちらを購入し、契約しました)

カメラ性能が約4800万画素で防滴・防塵・おサイフケータイ対応とスペックも良く、本体代金が20000円の商品ですが、24999円のポイントが貰えるため、本体を購入したのになんと5000円近く得しちゃうんです。

私は後ほどご紹介する「デュアルSIM」機能を利用したため、Rakuten Handは不要となり、フリマで1万2000円で売ったので、さらに得をしています。

「Rakuten Hand」の詳細はこちらから




さらに、楽天モバイルを契約すると楽天市場の買い物で貰えるポイント倍率が増えます!

節約強者の中には、テザリング機能を利用し、自宅のネット回線代わりに利用する方もいます。


テザリングとは

携帯電話の電波を利用して、
パソコンやゲーム機などでインターネットが
利用できる機能

たくさんメリットをご紹介しましたが、デメリットももちろんあります。


大手に比べると、まだ電波が弱い所が多い

「致命的じゃん」って思いましたよね?

でも、ご安心ください。
パートナー回線というものがあり、auの電波を利用する事も出来ます。

私も楽天モバイルを契約して「Rakuten Link」を利用していますが、今のところ通話が途切れたことはありません。

下記よりサービスエリアの確認や、お手持ちのスマホをそのまま利用される場合、対応機種の確認ができます。

申込をする前に必ず確認をしておきましょう。

「楽天モバイル」のサービスエリア

「楽天モバイル」の対応機種


確認が済んだ方は下記から申込みできます。


「楽天モバイル」の申込みはこちらをクリック


【通話料金を無料にする方法②】デュアルSIMを活用しよう


携帯会社との契約がまだ残っている
楽天モバイルは電波が不安なので契約したくない

そう思われた方は多いと思います。
実は私もその考えを持っていて、なかなか契約をする気になれませんでした。

しかし「デュアルSIM」の存在を知ったことで、契約するに至りました。
こんなメリットがあります。

・1台のスマートフォンで2つの電話番号が利用でき、1 つの電話番号を仕事用に、別の電話番号を個人用の通話に使える。
・音声通話プランとデータプランを別々に利用できる。
・海外旅行をした際などに現地のデータプランを追加できる。



SIM」とは

SIMとは、携帯電話で使われている、加入者を特定するためのID番号が記録されたICカードの事で、電話番号情報が登録されており、スマートフォンにSIMを挿入する事で、電話やデータ通信を行うことが出来るようになる。


デュアルSIM」とは


2つのSIMカードを挿入する事で、携帯電話回線を1台のスマートフォンで同時に扱う機能のことです。
1台のスマートフォンに2台の携帯番号を登録して、2つの電話番号を使い分けたり、データプランを選んで使用することができます。


デュアルSIM」を利用すれば、通話だけ楽天モバイルの回線を利用し、データ通信等は別の回線を利用できます。

ちなみに私はこのように利用しています。

使用スマートフォン
iPhone SE(第2世代)
DSDS対応

メイン回線nano-SIM
BIGLOBEモバイル
3GBコース 月額770円

サブ回線eSIM
楽天モバイル
通話専用の為、月額0円


ご覧のようにデータ通信や通話の切替も本体の操作で簡単に行うことができ快適です♪


デュアルSIMには、以下の4種類があります。
それぞれ出来ることが異なるため、下記をご確認下さい。
※ご利用のスマートフォンがデュアルSIMに対応しているかは、スマートフォン本体の公式サイトをご確認いただくか、デュアルSIM対応製品について検索して下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)
SIMカードの切替が手間なため、あまりお勧めしません

・可能なこと
1台のスマートフォンに2枚のSIMカードを挿入し、どちらか片方のSIMカードを有効にすることが出来ます。
有効にしているSIMカードに紐づく電話番号でのみ、電話を受けることやデータ通信が可能です。

・無理なこと
利用するSIMカードを手動で切り替えする必要があり、有効になっていない片方のSIMカードは、
着信を受けることもデータ通信を行うこともできませんので、利用したい場合には都度切り替えが必要です。
※有効になっているSIMカードは4G回線で利用できます。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)

可能なこと
1台のスマートフォンに2枚のSIMカードを挿入し、SIMカードを切り替える必要がなく、
どちらのSIMカードに紐づく電話番号に着信があっても電話を受けて通話をすることが可能です。

また、片方のSIMカードでデータ通信を行っている間に、もう片方のSIMカードで電話の着信を受けることができます。

無理なこと
片方のSIMカードで通話を行っている最中は、もう片方のSIMカードでデータ通信を行うことは出来ません。

また、2つのSIMカードで同時に通話することは出来ません。
※4G回線を利用できるのはどちらか一方のSIMカードだけで、もう片方は3G回線となります。

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)

可能なこと
1台のスマートフォンに2枚のSIMカードを挿入し、SIMカードを切り替える必要がなく、
どちらのSIMカードに紐づく電話番号に着信があっても電話を受けることが可能です。

また、片方のSIMカードで通信を行っている間に、もう片方のSIMカードで電話の着信を受けることができます。

無理なこと
片方のSIMカードで通話を行っている最中は、もう片方のSIMカードでデータ通信を行うことは出来ません。

また、2つのSIMカードで同時に通話することは出来ません。
※DSDSとの違いは、両方のSIMカードが4G回線で利用可能です。

DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)

可能なこと
1台のスマートフォンに2枚のSIMカードを挿入し、SIMカードを切り替える必要がなく、
どちらのSIMカードに紐づく電話番号に着信があっても電話を受けることが可能です。

また、片方のSIMカードで通話しながら、もう片方のSIMカードでデータ通信を行うことも可能です。

無理なこと
2つのSIMカードで同時に通話することは出来ません。

※両方のSIMカードが4G回線で利用可能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと難しい内容でしたが、これを利用しているか、そうでないかは大きく違ってくると思います。
ぜひ、ご利用のスマートフォンが「デュアルSIM」に対応しているか調べてみましょう。

私の利用しているiPhoneSE(第2世代)のように、eSIMに対応しているスマートフォンであれば、より設定が簡単に行えますよ。

【通話料金を無料にする方法③】楽天モバイルの申込方法


楽天モバイルの電波状況やご利用のスマートフォンの対応に問題が無ければ、申込画面に行きましょう。


楽天モバイルの申込みはこちらをクリック


ページを開くと下記の画面が出てきます。




黄〇の「新規・乗換(MNP)お申し込み」をクリックしましょう。



プランを選択する」をクリックしましょう。


ここが重要です。
SIMタイプ」の選択は間違えないようにしてください


利用しているスマートフォンをそのまま使用して契約される方


ご利用のスマートフォンのSIMタイプを選択してください。

選択出来たら、「この内容で申し込む」をクリックし、お客様情報や本人確認書類をアップロードしましょう。



楽天モバイルで新しいスマートフォンを購入(利用)される方


購入するスマートフォンのSIMタイプを選択してください。

選択出来たら、「製品選択へ進む」をクリックしましょう。



ご希望のスマートフォンの種類を選んでください。


製品を選ぶ」をクリックしてください。





ご希望の容量や支払い方法などを選択し、「カートに追加する」をクリックしてください。



希望のオプションがあれば選択し、誤りが無ければ「この内容で申し込む」をクリックしましょう。


あとはお客様情報や本人確認書類をアップロードし、登録を完了するだけです。

【通話料金を無料にする方法④】デュアルSIMの設定方法


デュアルSIMの設定方法はスマートフォンによって、異なります。

当ブログでは、iPhoneのeSIM設定方法をご紹介したいと思います。


nano-SIM2枚をご利用される方はこちらをクリック



設定」のアプリをタップすると下記画面が出てきます。


モバイル通信」をタップしましょう。



モバイル通信プランを追加」をタップしてください。



するとQRコードを求めてきます。
読込に必要なQRコードは契約後に送られてきますので、確認してカメラで読み取ってください。



読み取りができると楽天モバイルのページに飛ぶので、登録を済ませると本体で利用できるようになります。


楽天モバイルの無料期間中はデータ使い放題となりますので、楽天回線をメインに設定しても良いかもしれません。
※「モバイルデータ通信の切替を許可」をONにすると、電波状況や回線利用状況に応じて両方の回線のモバイルデータ通信を利用できるようになります。 

【通話料金を無料にする方法】 まとめ

いかがでしたか?
最後にもう1度復習しましょう。

・通話を無料にするなら「楽天モバイル」がお勧め
・「楽天モバイル」ならキャンペーンを利用してスマホ本体をお得に購入できる
デュアルSIMに対応しているか確認する
デュアルSIMを活用し、音声通話とデータ通信を使い分けよう

やり方がわからなかった
直接相談したい

と感じた方は下記よりお申込みいただければ直接ご対応致します。

直接教えてほしい方はココナラへ
固定費でお悩みの方の価格見直しをします 毎月の固定費に困っていませんか?まとめて見直します



以上です。
参考になりましたでしょうか?
読んでいただき、ありがとうございました。

コメント